百人一首を覚えるにはイメージとインパクトが大切です。決まり字や語呂合わせ、暗記に役立つ解説付き。オススメの覚え方を紹介します!

誰でも簡単♪百人一首の覚え方!!3

  • HOME »
  • 誰でも簡単♪百人一首の覚え方!!3




021

021

今来むと いひしばかりに 長月の

有明の月を 待ち出でつるかな

 作者:素性法師(そせいほうし)

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

022

022

吹くからに 秋の草木の しをるれば

むべ山風を 嵐といふらむ

作者:文屋康秀(ふんやのやすひで)

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

023

023

月見れば 千々にものこそ 悲しけれ

わが身ひとつの 秋にはあらねど

作者:大江千里(おおえのちさと)

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

024

024

このたびは 幣も(ぬさも)とりあへず 手向山(たむけやま)

紅葉の錦 神のまにまに

作者:菅家(かんけ)

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

025

025

名にしおはば 逢坂山の さねかづら

人にしられで くるよしもがな

作者:三条右大臣(さんじょうのうだいじん)

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者




026

026

小倉山 峯のもみぢ葉心あらば

今ひとたびの みゆき待たなむ

作者:貞信公(ていしんこう)

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

027

027

みかの原 わきて流るる 泉川

いつ見きとてか 恋しかるらむ

 作者:中納言兼輔(ちゅうなごんかねすけ)

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

028

028

山里は 冬ぞ寂しさ まさりける

人目も草も かれぬと思へば

作者:源宗征于朝臣(みなもとのむねゆきあそん)

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

029

029

心あてに 折らばや折らむ 初霜の

置きまどはせる 白菊の花

作者:凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

030

030

有明の つれなく見えし 別れより

暁ばかり 憂きものはなし

作者:壬生忠岑(みふのただみね)

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

<スポンサードリンク>
PAGETOP
Copyright © 面白く簡単に♪百人一首の覚え方!! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.