百人一首を覚えるにはイメージとインパクトが大切です。決まり字や語呂合わせ、暗記に役立つ解説付き。オススメの覚え方を紹介します!

誰でも簡単♪百人一首の覚え方!!2

  • HOME »
  • 誰でも簡単♪百人一首の覚え方!!2




011

011

わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと

人にはつげよ あまの釣り船

作者:参議篁(さんぎたかむら)

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

012

012

天つ風 雲のかよひぢ 吹きとぢよ

乙女の姿 しばしとどめむ

作者:僧正遍昭(そうじょうへんじょう)

>>覚え方  >>詳しい解説   >>作者

013

013

筑波嶺の 峯より落つる みなの川

恋ぞつもりて 淵となりぬる

作者:陽成院(ようぜいいん)

>>覚え方  >>詳しい解説   >>作者

014

014

陸奥の しのぶもぢずり 誰故に

みだれ初めにし 我ならなくに

作者:河原左大臣(かわらのさだいじん)

>>覚え方  >>詳しい解説   >>作者

015

015

君がため 春の野に出でて 若菜摘む

わが衣手に 雪は降りつつ

 作者:光孝天皇(こうこうてんのう)

>>覚え方  >>詳しい解説   >>作者




016

016

立別れ いなばの山の 嶺におふる

まつとし聞かば 今帰り来む

作者:中納言行平(ちゅうなごんゆきひら)

>>覚え方  >>詳しい解説   >>作者

017

017

ちはやぶる 神代も聞かず 龍田川

から紅に 水くくるとは

作者:在原業平朝臣(ありわらのなりひらあそん)

>>覚え方  >>詳しい解説   >>作者

018

018

住の江の 岸による浪 よるさへや

夢の通ひ路 人目よくらむ

作者:藤原敏行朝臣(ふじわらのとしゆきあそん)

>>覚え方  >>詳しい解説   >>作者

019

019

難波潟 短き葦の ふしのまも

あはでこの世を すぐしてよとや

 作者:伊勢(いせ)

>>覚え方  >>詳しい解説   >>作者

020

020

侘びぬれば 今はた同じ 難波なる

身をつくしても 逢はむとぞ思ふ

 作者:元良親王(もとよししんのう)

>>覚え方  >>詳しい解説   >>作者

<スポンサードリンク>
PAGETOP
Copyright © 面白く簡単に♪百人一首の覚え方!! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.