百人一首を覚えるにはイメージとインパクトが大切です。決まり字や語呂合わせ、暗記に役立つ解説付き。オススメの覚え方を紹介します!

誰でも簡単♪百人一首の覚え方!!8

  • HOME »
  • 誰でも簡単♪百人一首の覚え方!!8




071

071

夕されば 門田の稲葉 おとづれて

あしのまろやに 秋風ぞ吹く

作者:大納言経信

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

072

072

音に聞く 高師の浜の あだ浪は

かけじや袖の ぬれもこそすれ

作者:祐子内親王家紀伊

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

073

073

高砂の 尾の上の桜 咲きにけり

外山の霞 ただずもあらなむ

作者:権中納言匡房

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

074

074

うかりける 人を初瀬の 山おろしよ

はげしかれとは 祈らぬものを

作者:源俊頼朝臣

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

075

075

契おきし させもが露を 命にて

あはれ今年の 秋もいぬめり

作者:藤原基俊

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者




076

076

わたの原 漕ぎ出でて見れば 久方の

雲居にまがふ 沖つ白波

作者:法性寺入道前関白太政大臣

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

077

077

瀬を早み 岩にせかるる 滝川の

われても末に 逢はむとぞ思ふ

作者:崇徳院

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

078

078

淡路島 かよふ千鳥の 鳴く声に

いくよ寝覚めぬ 須磨の関守

作者:源兼昌

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

079

079

秋風に たなびく雲の 絶え間より

もれ出づる月の 影のさやけさ

作者:左京大夫顕輔

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

080

080

ながからむ 心も知らず 黒髪の

みだれてけさは ものをこそ思へ

作者:待賢門院堀河

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

PAGETOP
Copyright © 面白く簡単に♪百人一首の覚え方!! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.