百人一首を覚えるにはイメージとインパクトが大切です。決まり字や語呂合わせ、暗記に役立つ解説付き。オススメの覚え方を紹介します!

誰でも簡単♪百人一首の覚え方!!6

  • HOME »
  • 誰でも簡単♪百人一首の覚え方!!6




051

051

かくとだに えやはいぶきの さしも草

さしも知らじな もゆる思ひを

作者:藤原実方朝臣(ふじわらのさねかたあそん)

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

052

052

明けぬれば くるるのもとは 知りながら

なほ恨めしき 朝ぼらけかな

作者:藤原道信朝臣(ふじわらのみちのぶあそん)

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

053

053

嘆きつつ 独りぬる夜の 明くるまは

いかに久しき ものとかは知る

作者:右大将道綱母(うだいしょうみちつなのはは)

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

054

054

忘れじの 行く末までは かたければ

今日を限りの 命ともがな

作者:儀同三司母(ぎどうさんしのはは)

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

055

055

滝の音は 絶えて久しく なりぬれど

名こそ流れて なほ聞こえけれ

作者:大納言公任(だいなごんきんとう)

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者




056

056

あらざらむ この世のほかの 思ひ出に

今ひとたびの 逢ふこともがな

作者:和泉式部(いずみしきぶ)

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

057

057

めぐり逢ひて 見しやそれとも わかぬまに

雲がくれにし 夜半の月かな

作者:紫式部(むらさきしきぶ)

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

058

058

有馬山 ゐなのささ原 風吹けば

いでそよ人を 忘れやはする

作者:大弐三位(だいにのさんみ)

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

059

059

やすらはで 寝なましものを 小夜更けて

かたぶくまでの 月を見しかな

作者:赤染衛門(あかぞめえもん)

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

060

060

大江山 いくのの道の 遠ければ

まだふみも見ず 天の橋立

作者:小式部内侍(こしきぶのないじ)

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

<スポンサードリンク>
PAGETOP
Copyright © 面白く簡単に♪百人一首の覚え方!! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.