百人一首を覚えるにはイメージとインパクトが大切です。決まり字や語呂合わせ、暗記に役立つ解説付き。オススメの覚え方を紹介します!

誰でも簡単♪百人一首の覚え方!!10

  • HOME »
  • 誰でも簡単♪百人一首の覚え方!!10




091

091

きりぎりす なくや霜夜の さむしろに

衣かたしき 独りかも寝む

作者:後京極摂政太政大臣

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

092

092

わが袖は 汐干に見えぬ 沖の石の

人こそ知らね 乾く間もなし

作者:二条院讃岐

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

093

093

世の中は 常にもがもな 渚こぐ

海士の小舟の 綱手かなしも

作者:鎌倉右大臣

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

094

094

みよし野の 山の秋風 小夜更けて

故郷寒く 衣うつなり

作者:参議雅経

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

095

095

おほけなく うき世の民に おほふかな

わが立つ杣に 墨染めの袖

作者:前大僧正慈円

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者




096

096

花さそふ あらしの庭の 雪ならで

ふりゆくものは わが身なりけり

作者:入道前太政大臣

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

097

097

来ぬ人を 松帆の浦の 夕なぎに

焼くや藻塩の 身もこがれつつ

作者:権中納言定家

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

098

098

風そよぐ 楢の小川の 夕ぐれは

みそぎぞ夏の しるしなりける

作者:従二位家隆

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

099

099

人もをし 人もうらめし あぢきなく

世を思ふ故に もの思ふ身は

作者:後鳥羽院

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

100

100

百敷や 古き軒端の しのぶにも

なほあまりある 昔なりけり

作者:順徳院

>>覚え方   >>詳しい解説   >>作者

PAGETOP
Copyright © 面白く簡単に♪百人一首の覚え方!! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.