百人一首を覚えるにはイメージとインパクトが大切です。決まり字や語呂合わせ、暗記に役立つ解説付き。オススメの覚え方を紹介します!
百人一首は理解とイメージで!!
  • HOME »
  • 百人一首は理解とイメージで!! »
  • 百人一首 覚え方

タグ : 百人一首 覚え方

【007】 天の原…みかさの山に…

天の原 ふりさけ見れば 春日なる みかさの山に 出でし月かも 作者:阿倍仲麻呂(あべのなかまろ)  意味 広々 …

【006】 かささぎの…しろきを見れば…

かささぎの 渡せる橋に おく霜の しろきを見れば 夜ぞふけにける 作者:中納言家持(ちゅうなごんやかもち) 意 …

【005】奥山に…声きく時ぞ…

奥山に 紅葉ふみ分け なく鹿の 声きく時ぞ 秋は悲しき  作者:猿丸大夫(さるまるたいふ)  意味  人里離れ …

【003】あしびきの…長ながし夜を…

  あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を ひとりかもねむ 作者:柿本人麻呂(かきのもと …

【002】春過ぎて…衣ほすてふ…

春過ぎて夏来にけらししろたえの 衣ほすてふ 天の香具山 作者:持統天皇(じとうてんのう)  意味 春が過ぎて、 …

【001】秋の田の…わが衣手は…

秋の田の かりほの庵の とまをあらみ わが衣手は 露に濡れつつ   作者:天智天皇(てんじてんのう) &nbs …

« 1 7 8 9
PAGETOP
Copyright © 面白く簡単に♪百人一首の覚え方!! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.