百人一首を覚えるにはイメージとインパクトが大切です。決まり字や語呂合わせ、暗記に役立つ解説付き。オススメの覚え方を紹介します!
百人一首は理解とイメージで!!
  • HOME »
  • 百人一首は理解とイメージで!! »
  • 百人一首【041~050】

百人一首【041~050】

【050】君がため…長くもがなと…

君がため 惜しからざりし 命さえ 長くもがなと 思ひけるかな  作者:藤原義孝(ふじわらのよしたか) &nbs …

【049】御垣守…昼は消えつつ…

御垣守 衛士のたく火の 夜はもえ 昼は消えつつ ものをこそ思へ  作者:大中臣能宣(おおなかとみのよしのぶ) …

【048】風をいたみ…くだけてものを…

風をいたみ 岩うつ浪の おのれのみ くだけてものを 思ふ頃かな  作者:源重之(みなもとのしげゆき) &nbs …

【047】八重葎…人こそ見えね…

八重葎 茂れる宿の さびしきに 人こそ見えね 秋は来にけり  作者:恵慶法師(えぎょうほうし)   …

【046】由良の戸を…行方も知らぬ…

由良の戸を わたる舟人 かぢをたえ 行方も知らぬ 恋の道かな  作者:曾禰好忠(そねのよしただ)  意味 由良 …

【045】哀れとも…身のいたづらに…

哀れとも いふべき人は おもほえで 身のいたづらに なりぬべきかな  作者:謙徳公(けんとくこう)  意味 私 …

【044】逢ふことの…人をも身をも…

逢ふことの 絶えてしなくは なかなかに 人をも身をも 恨みざらまし  作者:中納言朝忠(ちゅうなごんあさただ) …

【043】逢ひ見ての…昔はものを…

逢ひ見ての 後の心に くらぶれば 昔はものを 思はざりけり  作者:権中納言敦忠(ごんちゅうなごんあつただ) …

【042】契りきな…末の松山…

契りきな かたみに袖を しぼりつつ 末の松山 浪こさじとは  作者:清原元輔(きよはらのもとすけ)  意味 約 …

【041】恋すてふ…人知れずこそ…

  恋すてふ わが名はまだき 立にけり 人知れずこそ 思ひそめしか  作者:壬生忠見(みふのただみ) …

PAGETOP
Copyright © 面白く簡単に♪百人一首の覚え方!! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.