hoarfrost-223427_640

きりぎりす なくや霜夜の さむしろに

衣かたしき 独りかも寝む

 作者:後京極摂政太政大臣(ごきょうごくせっしょうだいじょうだいじん)

 意味

こおろぎが鳴いている。この寒々とした霜の降りた夜、私はむしろの上に着物の片袖を敷いて、独り寂しく寝るのだろうか。

※ きりぎりす

今で言う「こおろぎ」のこと

※ さむしろ

藁(わら)などで編んだ簡素な敷物。「寒い」の意味も掛けている

※ 衣かたしき

着物の袖を片方だけ敷いて寝ること。独り寝を意味している

※ 独りかも寝む

独りで寝るのだろうか

 

 オススメの覚え方

きりぎりすが鳴く頃も(衣)昼間は蝉が鳴いてたりするよね・・・

 

 ゴロあわせ

きり ころも (霧の衣)
きりぎりす ころも(きりぎりすの頃も)

 決まり字

きり

 解説

意味にも書きましたが、きりぎりすは今で言うこおろぎのことです。

霜の降りた寒い夜、きりぎりすの鳴き声を聞きながら独り寝をする。

寒々しく寂しい歌です。

この当時、添い寝をするときは、お互いの着物の袖を枕にして寝たそうです。

ですから、自分の袖を敷いて寝るということは、独り寝を意味します。

添い寝をするときは・・・の話を聞くと、独り寝の様子がさらに寂しく感じられます。

寒い夜は、人恋しくもなります。

誰かと一緒に暖まって寝たいものです(*´▽`*)

記事を共有
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0


<スポンサードリンク>