clouds-366700_640

ほととぎす 鳴きつる方を 眺むれば

ただ有明の 月ぞ残れる

 作者:後徳大寺左大臣(ごとくだいじのさだいじん)

 意味

ほととぎすが鳴いたと思ったので、鳴いたほうを眺めると、そこにはなにもなく、ただ有明の月が空に残っているだけでした。

※ ほととぎす

ホトトギス科の渡り鳥。夏の風物としてよく詠まれた

※ 鳴きつる方(なきつるかた)

鳴いた方向

※ 眺むれば

眺めてみると

※ 有明の月

夜が明けても残っている月

 

 オススメの覚え方

ほととぎすの鳴き声をただ聞きたかっただけ

 

 ゴロあわせ

ほととぎす ただ(ほととぎすタダ)

決まり字

 解説

ほととぎすは、夏の代表的な鳥でした。

平安の人たちは、その最初の鳴き声を聞こうと夜通し待っていることもあったようです。

作者も、鳴き声を聞こうと夜明けまで待っていました。鳴き声が聞こえたので、声のしたほうを見てみたけれど、もう姿は見えず、有明の月(明け方まで残っている月)だけが見えていたのですね。

早く夏にならないかな~ほととぎすなかないかな~一番に聞いてやろっっ!!と思ったかわかりませんが、鳴き声を聞こうと徹夜するなんて、なんだかかわいらしいですよね。

忙しい毎日でも一日くらいそんな余裕ほしくなっちゃいますね(*^^*)

記事を共有
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0


<スポンサードリンク>