heart-401499_640

ながからむ 心も知らず 黒髪の

みだれてけさは ものをこそ思へ

 作者:待賢門院堀河(たいけんもんいんほりかわ)

 意味

私の髪のように長く愛してくださるという、あなたのお気持ちが本当かどうかわからず、お別れした今朝は、長い黒髪が乱れているように、私の心も乱れて、物思いに沈んでいます。

※ ながからむ心も知らず

長く心変わりしないということも本当かどうかわからないので

※ 黒髪のみだれて

黒髪のように心が乱れて

※ 今朝はものをこそ思へ

今朝は物思いにふけっています

 

 オススメの覚え方

朝起きたら寝癖が・・・い髪(み)が乱れまくってるわ( ̄▽ ̄)

 

 ゴロあわせ

ながか みだれて(長髪が乱れて)
ながか くろかみ みだれて(長い黒髪が乱れて)

 決まり字

ながか

 解説

男性から送られてきた後朝の歌(あとぎぬのうた)に対しての返事の歌です。

恋人の愛情が長く続くかわからず、「ずっと愛し続けましょう」と言われても不安で、朝、長い髪が乱れているように、私の心も乱れています、とお返事しています。

長い黒髪が乱れるように私の心も乱れて・・・なんとも色っぽい表現ですね。

ちょっとドキドキしちゃいます(≧▽≦)大人の恋って感じですね(´▽`*)

記事を共有
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0


<スポンサードリンク>