full-moon-595653_640

秋風に たなびく雲の 絶え間より

もれ出づる月の 影のさやけさ

 作者:左京大夫顕輔(さきょうのだいぶあきすけ)

 意味

秋風が吹いてたなびいている雲の切れ間から、もれ出る月の光は、なんと澄み切ってきれいなのだろう。

※ たなびく雲の

横に長くかかる雲の

※ 絶え間より

切れ間から

※ もれ出づる

こぼれ出る

※ 月の影のさやけさ

月の光が明るくすみきってること

 

 オススメの覚え方

風邪(かぜ)ひいて、マスクから咳がもれて申し訳ない(´-ω-`)

 

 ゴロあわせ

あきかぜ もれ(秋風がもれる)

 決まり字

あきか

 解説

秋の夜空を見上げると、雲の隙間から、月が見えたり、また、かくれたり・・・そんな景色を率直に読んでいます。

秋風が吹き、雲が動き、きれいな、澄んだ月の光がこぼれる。

読んでそのまま景色が思い描かれます。

夜のお散歩での楽しみは、きれいな月と星を見ること。

月あかりだけでみえる景色は、昼間とまったく違う顔になりますね。

夜のお散歩がますます楽しくなるような歌でした(*^^*)

記事を共有
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0


<スポンサードリンク>