cherry-377474_640

もろともに あはれと思へ 山ざくら

花よりほかに 知る人もなし

 作者:大僧正行尊(だいそうじょうぎょうそん)

 意味

私がお前を見てしみじみ懐かしく思うように、お前も私を懐かしいと思っておくれ、山桜よ。花であるお前のほかに私の気持ちをわかってくれるものはいないのだから。

※ もろともに

一緒に

※ あはれと思へ

しみじみと懐かしく思え

※ 花よりほかに知る人もなし

花以外に自分の気持ちをわかってくれる人はいない

 

 オススメの覚え方

もろい花なの。桜のびらは。

 ゴロあわせ

もろ はな(もろい花)
もろい はな(花はもろい)

 決まり字

もろ

 解説

奈良県吉野郡にある、大峰山に修行に入った作者が、山桜を見て詠んだ歌です。

大峰山は修験道(しゅげんどう)の霊場として知られた場所です。

山奥で一人孤独に修行する作者。修行中、山桜を見つけ、自分と重ね合わせているようです。

たった一人で何かに耐えることはとても大変ではないですか?

そんなとき、健気に咲いている桜なんて見たら、一緒にがんばろうかな・・・なんて思ってしまう気持ちもちょっとわかる気がします。

桜って素敵な花ですよね(*^^*)

記事を共有
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0


<スポンサードリンク>