rose-676760_640

今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを

人づてならで 言ふよしもがな

 作者:左京大夫道雅(さきょうのだいぶみちまさ)

 意味

今はただ、あなたへの思いを断ち切ろうということだけでも、人づてでなく、直接あなたにお伝えしたいのです。

※ 今はただ

今となっては

※ 思ひ絶えなむ

あきらめてしまおう。思いを断ち切ろう

※ とばかりを

ということだけを

※ 人づてならで

人に伝えてもらうのではなく、直接

※ 言ふよしもがな

言う方法があればよいのに

 

 オススメの覚え方

今はただ、一日も早くに伝えたいのだwwwww

 

 ゴロあわせ

いまは ひとづて(今は人づて)
いまは ひと(今は人)

 決まり字

いまは

 解説

作者は、伊勢神宮に仕える仕事(斎宮)の女性と恋に落ちました。

斎宮は、男性との恋愛は厳しく禁止されていました。作者は誰にも見つからないように、女性のもとに通いましたが、ついに天皇に知られてしまい、見張りの女官をつけられてしまったため、二度と会うことはできませんでした。

思いを断ち切らなければいけなくなり、せめてそのことだけでも直接本人に伝えたいが、それもかなわない。

作者の深い苦しみや、悲しみが伝わってきます。

自分の意思とは関係なく、引き裂かれてしまった・・・お昼のドラマにありがちな話ですが・・・すごくせつなくて苦しくなる歌でした(:_;)

記事を共有
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0


<スポンサードリンク>