holland-park-712285_640

滝の音は 絶えて久しく なりぬれど

名こそ流れて なほ聞こえけれ

 作者:大納言公任(だいなごんきんとう)

 意味

滝の水は枯れ、水音が聞かれなくなってからずいぶん月日が経ったけれど、素晴らしい滝だったという名声は、今でも流れ伝わって聞こえてきます。

※ 絶えて

水音が聞こえなくなって

※ 久しくなりぬれど

ずいぶん長い時間が経ったけども

※ 名こそ流れて

名声だけは世に流れて

 

 オススメの覚え方

そのしらたき前ってなに?

 

 ゴロあわせ

たきの ながれ きこえ(滝の流れが聞こえる)
たきの なこそ(滝の名こそ・・)

 決まり字

たき

 解説

かつて、嵯峨天皇の離宮が作られた、京都の大覚寺を訪れた時に、庭園の滝殿を見て歌ったものです。

作者が見たときには、滝は枯れていました。かつての華やかだったころを思い、名声は今も流れている、と詠んでいます。

歌も、声に出して読んでみると、「た」や「な」が繰り返されていて、響きもよくなっています。

ここからも、滝の流れを連想させられます。

今の栄光はずっとは続かない、でも何か後に残したい、そんな気持ちも含まれているのでしょうか。

私たちも何か残せたらいいですね(*^^*)

記事を共有
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0


<スポンサードリンク>