sea-669974_640

由良の戸を わたる舟人 かぢをたえ

行方も知らぬ 恋の道かな

 作者:曾禰好忠(そねのよしただ)

 意味

由良の海峡を漕ぎ渡る舟人が、櫂(かい)をなくして海を漂うように、私の恋の行方も、この先どうなるかわからないのだよ。

※ 由良の戸

由良は、京都府の由良川が若狭湾に流れ込む辺り。。和歌山県の由良の岬とする説もある。戸は、海峡や瀬戸のこと

※ かぢをたえ

櫂をなくしてしまった

※ 行方もしらぬ

行く末がわからない

 

 オススメの覚え方

気持ちがゆらいだら負けだ。とにかくゆくのだ!!

 

 ゴロあわせ

ゆらゆらゆく(ゆらゆら行く)
ゆらゆらするこいのみち(ゆらゆらする恋の道)

 決まり字

ゆら

 解説

これから先どうなるかわからない恋の行方を、櫂をなくした船乗りに例えて詠んだ歌です。

上の句の、船乗りが櫂をなくして海を漂っている様子が、下の句の自分の恋の行く末を導く序詞(じょことば)になっています。

恋って、上手くいかなくなると不安で不安でたまらなくなりますよね。

好きな気持ちが大きければ大きいほど不安な気持ちは強くなります。

舟が海をさまよってしまう状況は、そんなときの気持ちにぴったりかもしれません。

記事を共有
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0


<スポンサードリンク>