cherry-645876_640

久方の 光のどけき 春の日に

しづこころなく 花の散るらむ

 作者:紀友則(きのとものり)

 意味

日の光がのどかな春の日に、桜の花は、落ち着いた心もなく、どうして慌ただしく散ってしまうのだろう。

※ 久方の

日、天、空、月、雲、光、などにかかる枕詞

※ 光のどけき

「のどけき」は、穏やか。光が静かに降りそそいでいる

※ しづこころなく

落ち着いた心なく

 

 オススメの覚え方

ひざ(ひさ)、かた、こし・・・ここを痛めたらかに過ごしたいです(´-ω-`)

 

 ゴロあわせ

ひさしづくし(久し尽くし)

 決まり字

ひさ

 解説

「久方の」は枕詞ですが、枕詞とは、ある一定の語句の上について、語調を整えたり、印象を整える言葉のことです。

例えば、前に出てきた「ちはやぶる」は、神や宇治にかかる枕詞で、「白妙の」は、雪、雲、衣、袖にかかる枕詞です。

桜の花が咲き、そして散る。その期間はとても短く、咲いたかと思うとすぐに散ってしまう。

作者は、春のうららかな日に、桜の花が、風に吹かれてはらはらと散ってしまう様子を見て歌っています。

私も桜の花が大好きで、桜の時期は、わざわざ桜が咲いているところを通ってみたりします。

桜吹雪の中を歩くとほんとに幸せな気持ちになります。桜の花って、咲いてる時期が短いですよね。この歌に共感です。

記事を共有
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0


<スポンサードリンク>