lake-555821_640

山がはに 風のかけたる しがらみは

流れもあへぬ 紅葉なりけり

 作者:春道列樹(はるみちのつらき)

 意味

山の間を流れる川に、風が架け渡したしがらみは、流れようとしても流れることができない紅葉の葉だったよ。

※ 山がは

山の間を流れる谷川。山川

※ しがらみ

柵。川の流れをせき止めるために打ち込まれた杭

※ 流れもあへぬ

流れようとしても流れることができない

 

 オススメの覚え方

山側(やまがわ)流れる流しそうめんて、めっちゃ涼しそうじゃない?

 

 ゴロあわせ

やまがながれる(山が流れる)
やまがわのながれ(山川の流れ)

 決まり字

やまが

 解説

この歌は、京都から滋賀に抜ける山の途中で詠んだ歌とされています。

谷川のせせらぎに、風で舞い落ちた紅葉がたくさん浮かんでいる。

その様子を見て、谷川に柵がかかっているように見えるけど、実は、風が、紅葉を散らして作った柵なんだよと歌っています。

「風のかけたる」は、「風がかけた」という擬人法になっています。

百人一首というと、恋の歌・・・というイメージが強かったですが、景色を詠んでいるのも多いんですね。

なんとも言えず風流で、CMではないですが、京都に行きたくなるのは私だけではないはず・・・(´-ω-`)

記事を共有
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0


<スポンサードリンク>