snow-259974_640

朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに

吉野の里に 降れる白雪

 作者:坂上是則(さかのうえのこれのり)

 意味

夜が、ほのぼのと明ける頃、夜明けの月と見間違えるほどに、吉野の里に降っている白雪よ。

※ 朝ぼらけ

ほのぼのと夜が明ける頃

※ 見るまでに

見間違えるほど

※ 吉野の里

奈良県吉野一帯

※ 降れる白雪

雪が降り続いている

 

 オススメの覚え方

あさ、ぼくは、吉野さんに挨拶したらどつかれた・・・痛い(:_;)

 

 ゴロあわせ

あさぼくあれよし(朝僕あれ良し)
あさぼらけのあさはよし(あさぼらけの朝は良し)

 決まり字

あさぼらけ あ

 解説

「朝ぼらけ」夜が明け、ほのぼのと光が差してくるころのことです。

早朝、目が覚めると、外が明るい。「有明の月」の輝きかと思ったら、夜中のうちに積もった雪が、朝の光で輝いていた・・・というなんともきれいな歌です。

夜、外が明るいと思って外を見ると、月がすごくきれいに輝いてることありませんか?そんな時って寝るのがもったいなくなってしまいます。

残念ながら、私の住んでいるところは、まったく雪が降らないので、雪の輝きは経験したことがないのですが、いつか、雪の京都に行って、その輝きを経験してみたいな~なんて思ってます(*^^*)

記事を共有
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0


<スポンサードリンク>