moon-436398_640

有明の つれなく見えし 別れより

暁ばかり 憂きものはなし

 作者:壬生忠岑(みふのただみね)

 

 意味

夜明けの月が冷やかに空に残っていたあの別れ以来、私にとって夜明けほどつらいものはありません。

※ 有明の

有明の月の意味。明け方まで残っている月。(【021】にもでてきましたね)

※ つれなくみえし

そっけなく見えた。「つれなし」は、そっけないという意味

※ 別れより

あの人と別れた

※ 暁

夜明け前の暗い時間帯

※ 憂きものはなし

つらいことはない

 

 オススメの覚え方

ありあまる体力を使って、あかすりをやってみたら・・・全身ひりひりして涙が止まらなかった(/_;)

 

 ゴロあわせ

ありあまるあか(有り余る赤)
ありあけにはつきばかり(有明には月ばかり)

 決まり字

ありあ

 解説

この当時、恋人同士は、夜、男性が女性のもとに通い、一夜を共にし、明け方帰るのが普通でした。

暁・・・夜明け前のまだ暗い時間、女性の所から帰るときに空を見上げると、有明の月がが出ている。

「つれなくみえし」そっけなく見えたのは、月なのか、さきほど訪ねていた女性なのか二つの説があります。

帰り際、彼女の態度がそっけなく、なんでなんだ・・・と思いながら見上げた月も、とても冷たくそっけなく見えたかもしれないです。

そんな経験をしたら、有明の月なんて(:_;)と思うかもしれないし、彼女ともっと一緒にいたいのに、帰らなきゃいけなくて、そんな時に見る月もまた、冷たく見えたのかもしれないですね。

どちらにしても、好きな人と離れなきゃいけないのは寂しいものです。

その気持ちはとてもよくわかります(´・ω・`)

相手も離れるのが寂しい・・・と思ってくれればいいのですが・・・

記事を共有
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0


<スポンサードリンク>