rice-field-409586_640

秋の田の かりほの庵の とまをあらみ

わが衣手は 露に濡れつつ  

作者:天智天皇(てんじてんのう)

 解説

作者とされている、天智天皇(てんじてんのう)は、即位される前は「中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)」としても有名です。

ただ、この歌は、田んぼの仮小屋で夜を明かしながら稲の番人をする歌で、本当に天皇本人が詠んだのかどうかは不明だそうです。

実は万葉集には

 秋田刈る 仮蘆(かりほ)を作り 我が居れば(おれば) 衣手寒く 露ぞ置きにける

という歌があります。

これに天皇が手を加えたのではないかといわれています。

さすがに、天皇本人が、粗末な仮小屋で夜露に濡れながら夜を明かしたとは、当時の人たちも考えていなかったようで、心優しい天皇が農民の気持ちになって詠んでくださったと思われていたようです。

 文法と意味の解釈

※ かりほの庵(いほ)

読むときは「かりおのいお」と発音します。
「かりほ」には「刈り穂」と「仮りの庵」の二つの意味があるという説もあります。

 

※ とまをあらみ

「・・・をーーーみ」で「・・・がーーーので」と訳します。
「とま」は草などで編んだ屋根を葺く(ふく)物のことなので、この場合は「草で編んだ屋根を葺く物の目粗いので」となります。

 

※ 露にぬれつつ

「つつ」と、末尾が反復や継続を表現する接続助詞で、余情、詠嘆を示すつつ止めになっているので、「~し続けることよ、~し続けているなあ」という意味で、袖が露に濡れ続けていく経過を表しています。

ですので、この場合は、「露に濡れ続けているなあ」という意味になります。

記事を共有
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0


<スポンサードリンク>