snowfall-201496_640

君がため 春の野に出でて 若菜摘む

わが衣手に 雪は降りつつ

 作者:光孝天皇(こうこうてんのう)

 意味

あなたのために、春の野原に出かけて若菜を摘んでいる。私の着物の袖に、しきりと雪が降り続いている。

※ 春

ここでは早春

※ 若菜

春の七草

 

 オススメの覚え方

黄身は固めが良いのだ。わが衣手にシミがつくといけないのでな(´-ω-`)

 

 ゴロあわせ

きみがため は   わがころもでに
きみはわがころもに(君はわが衣に)
きみのためにゆきはふる(君のために雪は降る)

  決まり字

きみがため は

 解説

「若菜」は早春の野に生える食用の野草で、新春に食べると邪気を払い、健康に過ごせると言われていました。

作者は、誰かに贈る目的で若菜を摘んでいました。

「君がため」には親愛の情が込められていて、贈る相手を大切に思う気持ちが込められています。

また、当時は、贈り物に和歌を添える習慣があったようです。

この歌も、若菜に添えられたのでしょうか。

大切な人のために何かをする。大切な人を思いながら何かをする。とても素敵なことですね

記事を共有
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0


<スポンサードリンク>