夕されば 門田の稲葉 おとづれて 

あしのまろやに 秋風ぞ吹く

作者:大納言経信(だいなごんつねのぶ)

解説

「師賢朝臣の梅津に人人まかりて田家秋風といへることを詠める(源師賢朝臣(みなもとのもろかたあそん)の別荘に、人々が集まり田家秋風について詠んだ)」という詞書があります。

別荘は源師賢が梅津に持っていたものです。

平安時代中期頃は、貴族たちの間で都の山里に別荘を作って田舎趣味を楽しむことが流行っていました。

この別荘もそのような趣味があり、貴族たちが集まって夕方の田園風景を楽しみながら歌にしています。

 

文法の意味と解釈

※ 夕されば・・・夕方になると。

「さる」は移り変わるという意味です。

「ば」は已然形について、順接確定条件を表します。

「~ので、~から」の意味なので、「夕方になったので」の訳になります。

※ 門田・・・家の前にある田んぼのことです。

※ おとずれて・・・音を立ててきて

※ あしのまろやに秋風ぞ吹く・・・「あしのまろや」は、あしで屋根をふいた田を見張るための小屋のことです。

「ぞ」は係助詞で、意味を強めます。

「吹く」は係結びで連体形になっています。

記事を共有
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0


<スポンサードリンク>