春の夜の 夢ばかりなる 手枕に

かひなくたたむ 名こそ惜しけれ

作者:周防内侍(すおうのないし)

解説

この歌は、陰暦の2月の月の明るい夜に詠まれました。

今で言うと、春の中ごろの時期です。

その夜は、二条院で多くの女房たちが集まって一晩中語り合っていました。

周防内侍が眠くなってしまったのか、「枕が欲しいな・・・」と呟いたところ、「これをどうぞ」と御簾の下から男の人の手が伸びてきました。

この腕は、藤原忠家(ふじわらのただいえ)のものです。

「腕枕をしてあげるよ」とは「一夜を共にしいうよ」と同じ意味なので、何と大胆な!!と思いますね。

そして、「あらっ」と驚いて詠んだのがこの歌です。

軽くかわされてしまった忠家は、「契ありて 春の夜ふかき手枕(たまくら)を いかがかひなき 夢になすべき(縁あってあなたに差し出した手枕を、甲斐のない夢に終わらせるわけがないでしょう)と返しています。

 

文法と意味の解釈

※ 「春の夜の 夢」・・・「春の夜」は「秋の夜長」の反対語で、短い夜の」ことです。

「春の夜の夢」は、儚いものの例えとして使われます。

※ 「かひなく」は、「甲斐なく」と「かひな(腕)」の掛詞です。

※ 「春の夜」「夢」「手枕」は縁語です。

※ 「たたむ名」の「む」は推量の助動詞で、未然形につきます。

仮定、婉曲(えんきょく)(仮定して表現したり、遠回しにいう意味)に使われ、「~たとしたら、~のような」の意味なので、「悪い評判がたつとしたら、悪い評判がたつような」の訳になります。

※ 「こそ惜しけれ」は、「惜しけれ」が已然形で、係助詞「こそ」を受けた係結びになっています。

 

 

 

記事を共有
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0


<スポンサードリンク>