red-deer-10549_640

奥山に 紅葉ふみ分け なく鹿の

声きく時ぞ 秋は悲しき

 作者:猿丸大夫(さるまるたいふ)

 意味 

人里離れた山奥で、もみじをふみ分けながら鳴いている鹿の声を聞くと、秋は悲しいものだと感じます。

※ 奥山

人里離れた山奥

 ※ 踏み分け

踏んで分け入る

 

 オススメの覚え方

奥山・・・てか、山奥から鹿!!鳴き聞こえるし!!紅葉拾ってる場合じゃない(>_<)

 

 ゴロあわせ

おく   こえ
おくやまに  こえ(奥山に声)

 決まり字

おく

 解説

人里離れた山奥で、もみじをふみ分けながら、雄鹿が雌鹿を呼んで鳴いています。

雄の鹿は、秋になると雌の鹿を求めて鳴く習性があるといわれていました。

紅葉をふむ、かさかさという音、鹿のせつない鳴き声に秋の寂しさを感じたようです。

秋は、なんとなく寂しいというか人恋しいというか…今も昔も人の気持ちに変わりはないようです。

ただ…

人里離れた山奥で、一人にされたら、鹿じゃなくても泣きますね(>_<)

お~~い..誰か~..みたいな( ̄▽ ̄)

 

記事を共有
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0


<スポンサードリンク>