cherry-1322395_640

いにしへの 奈良の都の 八重ざくら

今日九重に 匂ひぬるかな

作者:伊勢大輔(いせのたいふ)

解説

八重桜は奈良が有名で、京都では珍しかったために、奈良の僧侶から献上されました。

作者が、桜の受け取り役になり、藤原道長に歌を詠むように言われて、出来上がったのがこの歌です。

「いにしへ」と「今日」、「八重ざくら」と「九重」は対比しています。

「匂ひ」は、香りのことではなく、見た目の美しさのことです。

「いにしへの」「奈良の」「都の」と「の」を3つ続けて綺麗な流れを作っています。

この様子を見守っていた彰子は、「九重に にほふを見れば 桜狩 重ねてきたる 春かとぞ思ふ(宮中に桜が咲いてお花見のようです。春が2回来たようです。)」と、新しい女房の大健闘をとても嬉しく思ったようです。

 

文法の意味と解釈

※ 「いにしへの 奈良の都の」の「いにしへ」は、過去を表す言葉で、「住ぬ(いぬ)」の連用形に過去を示す(直接体験した過去を回想する)助動詞「き」の連体形「し」と名詞の「し」がついています。

「昔繁栄したならの都」の訳になります。

※ 「九重」は宮中のことです。

 

記事を共有
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0


<スポンサードリンク>