grass-1088114_640

かくとだに えやはいぶきの さしも草

さしも知らじな もゆる思ひを

作者:藤原実方朝臣(ふじわらのさねかたあそん)

解説

この歌は、かなり技巧を凝らしています。

「かくとだに」の「だに」は、軽いものを挙げて、想いことを連想させる言葉です。

この場合の軽いものは、慕っている気持ちを伝えられないことで、重いものは、激しく燃える思いです。

「えやはいぶきの」の「え」はできないことを表し、「やは」は疑問を投げかけながら、そうではないという否定を表します。

ですので、「こんなに慕っていると言うことができるでしょうか、いいえできません」という訳になります。

「いぶき」は「言ふ」と「伊吹山(歌枕)」の掛詞になっています。

伊吹山は、滋賀県と岐阜県の境目にあるも草の産地です。

さしも草は、お灸に使われるも草のことです。

「さしも」は「いぶき」の縁語で、「思ひ」の「ひ」は「火」の掛詞です。

「燃ゆる」と「火」は「さしも草」の縁語です。

そして、「えやはいぶきの さしも草」は、次の「さしも」を導く序詞になっています。

 

文法の意味と解釈

※ 「えやはいぶきの」の「え」は副詞で、反語の係助詞「やは」と合わせて「~できない」の意味になります。

ですので、「言うことができない」の訳になります。

※ 「知らじな」の「じ」は打消し推量を表す助動詞です。

「~ないだろう、~まい」の意味なので、「知らないだろう」の訳になります。

 

 

記事を共有
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0


<スポンサードリンク>