wave-1215449_640 (1)

由良の戸を わたる舟人 かぢをたえ

行方も知らぬ 恋の道かな

作者:曾禰󠄀好忠(そねのよただ)

解説

自然を通して恋の歌を歌っています。

先のわからない恋の行く末を、潮の流れが激しい海峡で、櫂(かい)がなくなって波間を漂う舟の行方に例えています。

「由良の戸を」という言葉で、場所想定させながら、ゆらゆらと不安定に揺れる舟をイメージさせています。

「由良の戸」が、どこを指しているのかは二説あり、一説は丹後の由良川、もう一説は「由良」が紀州海(和歌山県沖)を指すsうべての歌枕として使われてきたことから、和歌山県の由良港という説があります。

文法の意味と解釈

※ 「戸」は水門のことで、河口で川と海が交わり潮の流れが激しいところ。

※ 「かぢ」は櫂(かい)などの舟を漕ぐ道具のこと。

※ 「かぢをたえ」までが「行方も知らぬ」を導く序詞になっています。

※ 「恋の道かな」は、「戸」「わたる」「かぢ」「行方」「道」これらすべての縁語です。

記事を共有
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0


<スポンサードリンク>