gushing-water-466635_640

契きな かたみに袖を しぼりつつ

末の松山 浪こさじとは

作者:清原 元輔(きよはらのもとすけ)

解説

「心かはりて侍りける(はべりける)女に、人に代はりて」と「後拾遺集」にあるので、作者が女性の心変わりでふられてしまった人に代わって作った歌だと思われます。

「古今和歌集」の「君をおきて あだし心を わが持たば 末の松山 波も越えなむ」(あなたを差し置いて、私が他人を想うようなことがあれば、あの末の松山を波が越えてしまうでしょう。そんなことはありえませんが)を本歌にとり、その意味を裏返しています。

「契きな」とは、「あなたと約束しましたね」と、あいての女性に約束したという事実を確認させています。

「かたみに袖をしぼりつつ」は、お互いを想い、袖が濡れるほど涙したことを表しています。

「末の松山」は、現在の宮城県、岩手県周辺を代表する歌枕です。

「浪こさじとは」は、末の松山を波が越えないように、あなたがあなたが浮気することは絶対ないはずだったのに・・・と相手への非難の気持ちを込めています。

 

詳しい意味と解説

※ 契きの「き」は過去を表す助動詞です。

「約束した」の意味になります。

※ 浪こさじの「じ」は、打消推量の助動詞で、「~ないだろう」の意味なので、「浪ることはないだろう」の訳になります。

 

記事を共有
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0


<スポンサードリンク>