cherry-trees-321635_640

久方の 光のどけき 春の日に

しづ心なく 花の散るらむ

作者:紀 友則(きのとものり)

解説

詞書に「花の散るをよめる」とあるので、花は、桜の花を指します。

この歌は、桜の花の儚さを詠んでいます。

光がおだやかな春の日に、どうしてそんなに慌ただしく散ってしまうのだろう・・・と問いかけています。

平安時代も今も、桜の花が散ってしまうのは、惜しくせつないのもなんですね。

 

文法と意味の解釈

※ 「久方の」は、天・空・日・月・雲などにかかる枕詞で、「光」が「(日の)光」なのでこれにかかります。

※ 「のどけき」は、穏やかなのんびりした様子で、「しず心なく」はせわしない様子なので、穏やかな春の日に、せわしなく桜の花びらが、はらはらと散る様子を対比させ表現しています。

※ 「春の日に」の「に」は、時を表す格助詞です。

※ 「花の散るらむ」の「らむ」は現在推量の助動詞で、「(今頃は)~ているだろう、~ているのだろう」の意味になるので、「どうやって桜の花は散っているのだろう」の意味になります。

記事を共有
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0


<スポンサードリンク>