snow-1088470_640

朝ぼらけ 有明の月と見るまでに

吉野の里に 降れる白雪 

作者:坂上 是則(さかのうえのこれのり)

解説

古今集の詞書には「大和国にまかれりけるときに、雪の降りけるを見て詠める」とあります。

「朝ぼらけ」とは、ほのかに夜が明けてきて、辺りがほんのり明るくなってくるころのことです。

有明の月(明け方まで残っている月)で明るいのかと外を見てみると、一面の銀世界でした。

その雪の白さに月あかりと見間違えてしまった・・・と詠っています。

また、句末を「白雪」と名詞で体言止めにすることにより、さらに読み手は想像をふくらませ、余韻を残しています。

 

文法と意味の解釈

※ 見るまで

「見る」は「思う」の意味です。「まで」は程度を表す副助詞で(~ほどに、~ぐらい、の意味)なので、「思うほどに」の意味になります。

※ 吉野の里

奈良県吉野郡にある地名です。

※ 降れる

「る」は助動詞「り」の連体形です。存続(終わった動作や状態が継続している意)を表しているので、雪が現在も降り続いていることを表しています。

 

記事を共有
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0


<スポンサードリンク>