chrysanthemum-659111_640

心あてに 折らばや折らむ 初霜の

置きまどはせる 白菊の花

 作者:凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)

解説

この歌は、初霜が降りて真っ白な霜の中に、白菊が紛れ込んでいて区別がつかない、当てずっぽうに手を伸ばして白菊を折ってみようか、という内容です。

「心あてに・・・」(当てずっぽうに折ってみようか・・・)から歌が始まり、(初霜に紛れている白菊の花を)で終わっているので、倒置法を用いて情景をより鮮やかにしています。

「おきまどはせる」は「初霜の」にかかり、「白菊の花」にも続いているので、白菊が霜の中にあり、霜なのか、白菊なのかわからないといっています。

 

文法の意味と解説

※ 折らばや折らむ

「折る」の未然形「折ら」について、順接仮定条件を表します。(~ならば、~としたら、の意味)

「や」は疑問を表し、結びは連体形になります。

ですので、「折れるのならば折ってみようか」となります。

 

※ 置きまどはせる

「置く」は白菊の花を「置く」と「霜が降りる」の二つの意味があります。

記事を共有
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0


<スポンサードリンク>