sunset-816934_640
山里は 冬ぞ寂しさ 勝りける
人目も草も かれぬと思へば
 作者:源宗征于朝臣(みなもとのむねゆきあそん)

解説

作者が住んでいたのは、京の都から離れた山の麓でした。

春には桜、初夏には青葉、秋には紅葉と、美しくきれいな自然の風景を見に都から人が訪れました。

しかし、冬になると草木も枯れてしまい、人の足も遠のきます。

そんな冬の寂しさを詠んだのがこの歌です。

古今和歌集の詞書にも「冬の歌とて詠める」とあるように、寂しい山里での孤独な様子が詠まれています。

 

文法の意味と解説

※ 人目は、もともとは、「人の見る目」の意味ですが、ここでは「人の往来」のことを表しています。

※ 「かれぬ」の「かれ」は、「離れ(かれ)」と「枯れ」の掛詞で、人の足が遠のき、離れることと、草木が枯れるという二つの意味があります。

※ 「山里は、冬は寂しさが一層増します。人の足も遠のき、草木も枯れてしまうので」と上の句と下の句で倒置法を用いて、より伝えたいイメージを効果的に表現しています。

※ 冬ぞ寂しさ勝りける

係助詞「ぞ」の結びは「けり」の連体形で「ける」になり、係り結びとなります。「ぞ」は「~こそ」と強意を表すので、「冬こそ特に寂しさが増すように感じられる」の訳になります。

記事を共有
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0


<スポンサードリンク>