autumn-811325_640

小倉山 峯のもみぢ葉心あらば

今ひとたびの みゆき待たなむ

 作者:貞信公(ていしんこう)

解説

この歌は、宇多上皇(うだじょうこう)のお供で京都の小倉山に向かった時、(小倉山は、京都市右京区にある大堰川《おおいがわ》を隔てて、嵐山と向かい合う紅葉の名所)紅葉があまりにもきれいだったので、宇多上皇が「自分だけではなく、醍醐天皇(だいごてんのう)にも見せたい」と言ったのを聞いて、作者が醍醐天皇にみゆきを勧めるために詠んだものです。

「みゆき」とは、上皇、天皇の外出(旅行)のことで、上皇の場合は「行幸」、天皇の場合は「御幸」と書きます。

この歌に心を動かされた醍醐天皇は、小倉山を訪れたとも言われています。

 

文法の意味と解説

※ 心あらば

動詞「あり」の未然形に、接続助詞「ば」がついているので、仮定条件を示し、「~ならば。~としたら」の意味になるので、「心があるならば。心があるとしたら」の訳になります。

※ またなむ

紅葉に対して「待っていてほしい」と願い、醍醐天皇に「小倉山に紅葉を見に来てください」と伝えています。「なむ」は終助詞で、ほかに対する願望(あつらえの願望)を示し、「~してほしい」の意味になるので、「待っていてほしい」の訳になります。

記事を共有
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0


<スポンサードリンク>