landscape-695137_640
吹くからに 秋の草木の しをるれば
むべ山風を 嵐といふらむ
 作者:文屋康秀(ふんやのやすひで)

解説

この歌は、「是貞(これさだ)の親王の家の歌合の歌」との詞書があります。

この歌には「山」と「風」の漢字を合わせると「嵐」になるという言葉遊びの要素が組み込まれています。

吹くとたちまち草木が枯れてしまう。なるほど、だから山から吹く風を嵐というんだね。

と、下の句で納得しています。

「山嵐」は晩秋に吹く強い風(台風のような風)のことで、もうすぐ冬なんだな・・・と冬の訪れを感じさせます。

 

文法の意味と解説

※ 吹くからに

「からに」は「~するとすぐに」の意味なので、「吹くとすぐに。吹くとたちまち。」の訳になります。

※ しをるれば

「しをるれ」は「しおる(萎る)」という動詞の已然形です。「ば」は、已然形について順接確定条件を示し、原因、理由を表すので、「~ので。~から。」の意味になります。ですので、「草木がしおれるから。草木がしおれるので。」の訳になります。

※ むべ

もともとは、「うべ」と言って、「なるほど。もっともだ。」の意味になります。

※ 嵐といふらむ

「嵐」は「荒らす」の名詞形になります。「らむ」は原因や理由を推量する助動詞で「~ているのだろう。」の意味になるので、「嵐というのだろう」の訳になります。

記事を共有
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0


<スポンサードリンク>