red-maple-leaf-507557_640
ちはやぶる 神代も聞かず 龍田川

 

から紅に 水くくるとは
 作者:在原業平朝臣(ありわらのなりひらあそん)

 解説

龍田川は、紅葉の名所で、奈良県生駒郡を流れる川です。

龍田川に紅葉が舞い落ちて水面を埋め尽くし、流れる様子が、まるで染物のようだと例えています。

この歌は、実際の川を見て歌ったのではなく、元恋人の二条の后(清和天皇の皇后高子)が所有する、龍田川の絵が描かれている屏風に添えるための歌を頼まれ歌ったもので、このように、先に作られた屏風に後から添えられた歌を「屏風歌」といいます。

作者は二条の后が大好きだったようで、歌の背景には、「あなたはとても美しい」という気持ちが表れていたのかもしれません。

竜田揚げは、揚がった色が赤く、紅葉の色を連想させるので、このように呼ばれるようになりました。

文法の意味と解説

※ ちはやぶる・・・「神」の枕詞になります。

※ から紅・・・「から」は、中国や朝鮮から伝わった鮮やかで濃い紅色のことです。

※ 水くくる・・・「くくり染め(絞り染め)」のことです。龍田川が紅葉でくくり染をしているという擬人法です。

※ 「水くくるとは」の「とは」は、「聞かず」につながる倒置法になっています。

「神代でも聞いたことがない、くくり染にするなんて。」の意味になります。

 

 

 

記事を共有
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0


<スポンサードリンク>