kumamoto-542410_640

天つ風 雲のかよひぢ 吹きとぢよ

乙女の姿 しばしとどめむ

 作者:僧正遍昭(そうじょうへんじょう)

解説

作者がこの歌を詠んだのは、陰暦11月に宮中で行われる「豊明の節会(とよのあかりのせちえ)という行事に参加したときのことだと言われています。

この行事では、選ばれた未婚の貴族の娘たちが4~5人で舞を舞うのがな慣わしでした。

この娘たちは「五節の舞姫(ごせちのまいひめ)」と呼ばれていました。

乙女とは、この舞姫たちのことで、天女に見立てています。

「雲のかよひぢ」とは、雲の中にある天上に通じる道のことで、天女が行ったり来たりするという言い伝えがありました。

天女は舞い終わると、雲の中の道を通って天に帰ってしまうと言われていたので、風に「その道を閉ざして帰れないようにしておくれ」と頼んでいます。

 

文法の意味と解説

※ 「天つ風」の「つ」は、格助詞で「の」の意味なので、「天の風、空を吹く風」の意味になります。

※ 「吹きとぢよ」は、風に向かって呼びかけているので、擬人法になります。

ここで意味が切れるので三句切れになります。

※ 四句と五句で、「美しい舞姫たちの姿をとどめておきたいものだ」と理由を説明し、初句の「空を吹く風よ」に繋がるので、倒置法になります。

記事を共有
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0


<スポンサードリンク>