deer-798709_640

わが庵は 都のたつみ しかぞ住む

世をうぢ山と 人はいふなり

作者:喜撰法師(きせんほうし)

解説

「世をうぢ山」は、「宇治山」と「世を憂し(つらい)」の掛詞になっています。

この二つの意味から、世の中をつらいと感じ、そのつらさから逃れるために宇治山に来たのではないかと世間では言われていたようですが、本人はまったくそんなつもりはなく・・・というのが歌の主旨です。

宇治は当時、人里離れた寂しい場所だと言われていましたが、作者はそこで気楽な生活を楽しんで送っていたので、心配など余計なお世話だと思っていたようです。

 

文法の意味と解説

※ たつみ

十二支の方位で、辰と巳の間になる東南の方角。都から見た宇治山の位置。

※ しかぞ住む

「しか」は、このようにの意味の「然」「鹿」の掛詞になっています。

「住む」は、「澄む」「澄む」の掛詞になっています。

ですので、「このように鹿のいる所に澄んだ気持ちで住んでいる」という意味になります。

※ 人はいふなり

「なり」は伝聞を表す助動詞で、(で~だそうだ)と訳すので、「(自分はそうは思はないが)人はそう言っているそうだ。」という意味になります。(なりは、断定の助動詞もありますが、この歌の場合は、伝聞の助動詞になります。)

※ 上の句「わが庵は」こうなのだに対し、下の句「人は」こうなのだ、と対比させています。

例えば、「自分は静かに暮らしている」に対し「人は世を煩わしいと思っている」という感じになります。

記事を共有
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0


<スポンサードリンク>